四万十川でカヌー体験&キャンプならおすすめはここ!運動音痴が初挑戦!

こんにちは。好奇心旺盛なゆいこです。

高知県の四万十川で、カヌー体験やBBQを満喫してきました!今回利用したのは、カヌー体験とキャンプ(バンガロー宿泊)がセットになったプランです。

私はカヌ―は人生初体験。体育はいつも通知表で3という運動音痴のアラサー女性でもきちんと漕げるか、転覆しないかとても心配でした(笑)そんなカヌー体験初心者でも楽しめたのか、また、キャンプの様子や四万十川周辺のおすすめスポットまでご紹介します。

カヌー体験

いよいよカヌー館に到着!

まず、受付をすませて、住所など必要事項を記入します。ここで任意保険に入るかどうかも記入します(別途300円必要)。私は色々と不安だったので、迷わず保険に入りました(笑)

そして、お兄さんからカヌー体験の場所や注意事項などの説明を受けます。眼鏡の場合は眼鏡バンドを使用した方が良い、暑いのでペットボトルは1本以上持って行った方が良いなど詳しく説明をしてくれました。そして、各自着替えを済ませ、カヌー体験の場所まで出発!

ちなみに更衣室やトイレは清潔感があって気持ちよく使用できました!コインロッカーもあります。また、シャワーもあるので、カヌー体験の後にシャワーを浴びることも出来ます。

カヌー体験の場所

カヌー体験が出来る場所は、カヌー館から少し離れたところにあります。カヌー館までは車で行きましたが、カヌー体験はスタートとゴールの場所が違うので、みんな歩いて向かいました。少し離れていて、結構歩いた印象。

カヌー体験が出来る場所に着いたら、まずは陸でカヌーの漕ぎ方、転覆した時の対応方法など詳しく説明を受けます。初めてだったのでいまいち想像出来なかったのですが、なんとなくイメージが沸いた感じでした(笑)そして、いよいよカヌーに乗ります。緊張で顔が強張っていました。しかも、乗ろうとしたら虫がカヌーの中に…そんなこんなで少し時間がかかりましたが、なんとか岸から出発することが出来ました!

最初は皆で集まって、川岸で漕ぎ方の練習をしましたが、いまいち漕ぎ方が分からず、結構他の人のカヌーにぶつかってしまいました。ぶつかってしまった方ごめんなさい(笑)こんなんで大丈夫なのか…と不安が募ります。運動音痴って怖い…(笑)しかも、他のツアー参加者は皆上手!不安を抱えつつも、練習を終えていよいよ川を漕ぎだします!

意外と進む!

川下りはガイドさんに付いていく感じでした。ガイドさんが流れが速いところを避けつつ、上手に誘導してくれます。また、ここから波が高い!などの説明もしてくれるので、安心して漕ぐことが出来ました。また、上手に漕げなくても、川の流れがあるので意外と進みます。最初は転覆しそうで怖いと思ってびくびくしていましたが、最後の方はカヌーを楽しむ余裕が出てきて、雄大な自然を楽しみつつ気持ちよく漕ぐことが出来ました!最初はうまく漕げなかったのに、次第にオールが水をつかむ感じが分かってきたり、他のカヌーにぶつかりそうになった時に方向を変える漕ぎ方が分かってきたりしたのも楽しかったです。何より意外と転覆しないので安心しました(笑)


しかも、3人のガイドさんが前、横、後ろにいてくれるから安心です。最後の方では、ガイドさんがわざと転覆して起き上がる練習をしていたりと、ガイドさんも楽しんでいました(笑)

ちなみに、前にいるガイドさんが写真を撮ってくれるので、写真をたくさん撮ってほしい方は前にいるガイドさんに付いて行くのがおすすめです。しかも、四万十川についての解説も聞けちゃいます!私は後ろの方でゆっくりカヌーを楽しんでいたので、全然聞けませんでした(笑)写真も全然…。

この日は、前日大雨が降っていたので、四万十川は濁っていました…晴れた日の透き通った四万十川だったらもっと綺麗だったと思います!でも、そのおかげで嬉しいことが!

通常4kmのところを、川が増水しているおかげで8km漕ぐことが出来ました。4kmでちょうど慣れてきて、余裕が出てきた頃だったので、8kmになったことで十分に楽しむことが出来ました!8kmなんてきつくない!?と思われるかもしれませんが、川の流れがあって実際は漕がなくても進む状態。疲れたら漕ぐのをお休みしつつ、まったりと楽しむことが出来ました。

そして、ついに沈下橋の下をくぐってゴール!

カヌー体験の後は、希望者は橋から飛び込みすることが出来ました!私は勇気が出ませんでしたが、皆次々に飛び込んでいました。女性でも飛び込んでいる人もいましたよ!すごい…。

帰りはバスが迎えに来てくれて、みんなでカヌー館まで戻りました!

カヌー体験の服装は?

・化学繊維のTシャツ(半袖、長袖どちらでもOK!)
・ズボンは水着やジャージ!(半ズボン、長ズボンどちらでもOK!デニム等濡れて重くなるのはNG)
・足元は脱げない靴やサンダル

カヌーをしていたらそこそこ濡れます。しかも、転覆する可能性も…そこで、やはり乾きやすくて、濡れても重くならないものという感じですね。

足元はマリンシューズ、ウォーターシューズが快適ということ。サンダルやクロックスでもOKですが、サイズが合っていて、かかとが固定できるものが良いということでした。転覆したら脱げちゃいますしね。

女性は水着(下着)の上からTシャツ、ズボンを着用される方が多いということでしたが、がっつり泳ぐわけではないので、透けるTシャツじゃなければ、下着でも全然大丈夫だと思います。長袖Tシャツやスポーツタイプのタイツがあると日焼け防止にもなりおすすめということだったので、私はTシャツ、長袖のUVカットパーカーと長ズボンのジャージという日焼け対策万全の恰好で挑みました(笑)UVカットパーカーは高いイメージがありますが、こちらは安くて、色々な種類があるのでおすすめです。

日焼け止めより断然お得な UV対策♪ スタンダードUVカットパーカー

カヌー体験で必要な持ち物

・タオル
・暑いときはドリンク
・焼けたくない方は日焼け止め

※メガネやサングラスの方はメガネバンド着用、コンタクトの方は使い捨てがおすすめとのこと。転覆しなければなくなることはないと思いますが、転覆したらどちらもなくなる可能性が高いです…そして、コンタクトの方は、ゴーグルの着用を勧められていました!途中でコンタクトが流されてしまい、目が見えなくなってしまうと危ないですもんね。

メガネバンドやゴーグルはカヌー館でも購入できます!

今回、カヌー館で購入すると割高になると考え、事前に眼鏡バンドを買うためにダイソーや眼鏡屋さんに行きましたが売っておらず…事前に購入するなら通販がおすすめです。

スポーツ用メガネバンド

今回利用したのはこちらのプラン

今回カヌー体験をしたのは、カヌー館の

【午後にカヌーして泊る】お手軽♪半日4kmカヌーツーリング

というプラン。

プラン詳細はこちらから。

お得にカヌー体験も、キャンプも出来てしまうというものです。

もちろん、カヌー体験だけでも利用出来ますよ。

キャンプ

カヌー体験の後は、バンガローへ。バンガローは、2人用ということもあり、こじんまりとしたお部屋。ぎりぎり2つの布団を敷ける広さです。バンガローはまだまだ新しく、快適に過ごすことが出来ました!ちなみに5人用のバンガローは、もっと布団を敷けるんじゃないかというくらい広々としていました!

BBQは、炭を入れる所に結構使用済みの炭が残っている場所もありましたが、比較的綺麗で楽しむことが出来ました!

雄大な自然の中で食べるカヌー後のBBQは格別でした!そしてすぐ近くは、四万十川がありました!

ただ、バンガローにはトイレや洗面所がなかったので、少し遠くのトイレまで歩いて行かなければいけません。辺りは真っ暗だったので、夜は結構怖くて、1人ではトイレに行けませんでした(笑)

近くのお風呂がおすすめ!

カヌー体験では濡れてしまうので、その後近くのお風呂に入りに行くのがおすすめです!

私たちは「星羅四万十」に行きました。カヌー館から徒歩5分ととても近くにあります。

星羅四万十の詳細はこちら。

こちらは、施設もとても綺麗!お風呂から四万十川を眺めることが出来てとても気持ちよかったです。

昼食は「いわき食堂」がおすすめ

昼食は、四万十川沿いにある「いわき食堂」がおすすめです。私は川エビ定食を食べました!手が長くて不思議なエビ。美味しかったです!

そして、こちらは友人が食べたゴリ丼!ゴリという川魚を使用したどんぶりです。

ガイドさんも「いわき食堂」をおすすめしていました!でも、おすすめの料理は鮎だと言っていたので、皆さんはぜひ鮎を食べてみてください(笑)

「いわき食堂」の詳細はこちらから。

カヌー初心者で運動音痴のアラサー女性という絶望的状況でも、意外とカヌーを楽しめることが分かりました!最初はとても怖かったですが…(笑)私は、本当に素敵な思い出を作ることが出来たので、カヌー体験に挑戦してみて良かったと思います!私はいいや…と思わずに一度体験してみると、きっと素敵な思い出が出来ますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です