海外より遠いトカラ列島 平島。フェリーとしまで行く時間を忘れてのんびりできる旅

鹿児島県にある「トカラ列島 平島」をご存知ですか?

私は鹿児島県に住んでいたのに知りませんでした。

なんと、鹿児島市からフェリーとしまに乗って約9時間かかる離島です。

ハワイなら飛行機で約7時間、オーストラリアのケアンズなら飛行機で7時間半くらいで行けるので、ある意味海外に行くより遠いです。

しかも、毎日フェリーが出るわけでわなく、フェリーとしまは週に2−3便だけ。

とっても行くのが大変な「平島」ですが、そんな不便な島だからこそ、自然が豊かで時間がゆったりと流れている素敵な島でした。

今回、そんな平島に行って普段の日常を忘れてのんびりと過ごすことができました。

でも、沖縄のような大きな島に行くのとは違い、過ごし方や準備しておきたいものも違います。

そこで、平島の魅力から行くなら知っておきたい情報まで詳しくお伝えします。

トカラ列島 平島って?

屋久島と奄美大島の間に点在する12の島々がトカラ列島と呼ばれています。

その中に7つの有人島があるのですが、ちょうど真ん中付近にある島が平島です。

島の周囲は約7㎞で、なんと人口60人くらいのとても小さな島です。

60人っていうと大きなマンション1棟に住んでいる人より少ないんじゃないかという人数です。。。

交通手段は鹿児島市からでる週に2回のフェリーだけ!?

平島に行く方法は、「フェリーとしま」を利用するというものだけ。

「フェリーとしま」は週に2-3回運行しています。飛行機は出ていません。

フェリーとしまの運行状況はこちら

私は、23時に鹿児島市を出発しました!そして、船に揺られること9時間。

この日は結構揺れていたので、ひたすら寝ていました。笑

9時間は長い!と思われるかもしれませんが、寝ていたら意外と早く平島に到着しました。

でも、船酔いする方はきついと思うので、酔い止めを忘れずに。

フェリーは揺れが激しい時もあるし、フェリーに乗っていないんじゃないかと思うくらいまったく揺れない時もあるので完全に運です。笑

ただ、波の高さの予測をインターネットから見ることが出来るので、ある程度は予想が出来ます。

ちなみに船内にはレストランや漫画などもあります。

揺れない時はレストランでビールを飲んだり、漫画を読んだりと快適に過ごすことができます。

※2018年4月からフェリーがリニューアルして今より新しくなるようです!

民宿

平島には大峰荘、たいら荘、平和荘と3つの民宿があります。

ホテルや旅館はないのでこちらの民宿に宿泊することになります。

平島は釣りが有名で、シーズン中は多くの釣り客さんがやってくるので、民宿は釣り客さんで賑わっています。

ここから、平島の観光スポットをご紹介します。

東之浜海水浴場

離島と言えば海ですね!トイレ・シャワー完備の海水浴場「東之浜海水浴場」があります。

天気が良い日の海は真っ青で本当に綺麗です。ちなみに、磯釣りも出来ます。

私は釣りを初めてしましたが、無事に魚をゲット出来ました!

千年ガジュマル

樹齢1000年を超えると言われるガジュマルの老木です。とても大きなガジュマルに圧倒されます。

縄文杉のような幻想的な光景が広がっていました^^

そして、千年ガジュマルの最大の魅力はすぐ近くまで車で行けること。笑 とってもお手軽に、でも、とっても素敵な光景を見ることができます。

大浦展望台

まさにオーシャンビュー。晴れの日にはトカラ列島の有人島を全部見渡せる絶景スポットです。

平家の穴

落ち延びた平家の番人が見張りをしたと伝わる大きな穴です。

あかひげ温泉

島の公民館のような存在のコミュニティセンターにある公衆浴場です。

体が芯から温まり、旅の疲れを癒せるいいお湯でした!

200円とお手頃価格なのも嬉しいポイントですね。

– 【泉質】塩化物泉
– 【効能】神経痛、筋肉痛、冷え性、慢性皮膚炎、やけどなど
– 【入浴料】200円
– 【営業日】火・木・土

ヤギ

平島にはヤギがたくさんいるので、道を歩いていると野生のヤギを見かけることがあります。

車で近づくと全速力で逃げられました。笑

ヤギは家族で行動しているのか、親ヤギと子ヤギが一緒にいることも多く微笑ましかったです。

また、島の牛がこんなところに!まさにオーシャンビューですね。

野鳥

平島には多くの野鳥がいます。種類も多いので、バードウォッチングに来る人もいるほど。

こちらは写真ですが参考までに。

夕日

海に沈むとってもきれいな夕日を見ることもできます。

この日は下の方に雲がなかったので、水平線に綺麗に沈んでいく夕日を眺めることができました。心が洗われて、本当に癒されました。

そして、ここからは平島に行く時に注意して欲しいことをまとめます。

auの電波が入らない

docomoとソフトバンクの電波は入りますが、auの電波は入りません。島のどこに行っても入らないようです。。。

ちなみに、フェリーとしまに乗っている途中で電波が入らなくなりました。

ただ民宿ではwifiが入るので、wifiを利用してスマホでインターネットやラインはできます。

でも、島に行った時くらいスマホを置いてのんびり過ごすのも良さそうですね^^

お店はなし

島の中にお店はありません。そこで、お菓子やおつまみなど必要なものは持っていてくださいね。

ちなみにビールは民宿で購入できます。

また、自動販売機が島に2カ所あるので、ジュースやお茶など飲み物は購入することができます。

飲食店もなし!

島には飲食店はありません。でも、民宿で朝昼晩ご飯を出してくれるので、ご飯に困ることはありません。

海の幸やタケノコなど、平島の食材を使った美味しいご飯を食べることが出来ます。

移動手段は徒歩か自動車!

「フェリーとしま」に車を乗せてくることもできますが、島は小さいので徒歩でも移動できます。

ただ、事前に言っておけば自動車を民宿で借りることもできるようなので、事前に確認してみてください^^

夏なら徒歩移動はとても暑いので、自動車があった方がいいかもしれません。

ちなみに上り坂が多いので、自転車はやめておいた方が良いと思います。

まとめ

何と言っても平島の魅力は豊かな自然!

そして、時間がゆっくりと流れていること。普段の日常を忘れて、のんびり過ごしに来る人も多いです。

そして、何より島の人が温かいのも魅力です^^

不便なことも多い島ですが、その不便さがあるからこそ感じられることが多いのかもしれません。

ぜひ、平島に一度足を運んでみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です