後から分割ができる年会費永年無料のクレジットカードまとめ。使い勝手がいいのはこれ!

一括払いで購入した後、分割払いに変更できるクレジットカードがあるのはご存知ですか?

その名も「後から分割」。

切り替えも電話やインターネットで簡単にできます。

後から分割ができるクレジットカードは、分割払いができない店舗や、購入した後にやっぱり分割払いにしたいという場合の強い味方なんです。

こちらの記事では、後から分割ができる年会費無料で持てるクレジットカードをご紹介します。

後から分割ができるクレジットカード一覧

年会費 ポイント還元率 後から分割可能回数 方法 おすすめ度
楽天カード 無料

1.0%

3〜36回  インターネット ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
JCB W 無料

1.0%

3〜24回 インターネット・電話 ⭐️⭐️⭐️⭐️

リクルートカード

無料

1.2%

3〜24回 インターネット ⭐️⭐️⭐️⭐️
エポスカード 無料

0.5%

3~36回 インターネット ⭐️⭐️⭐️
ライフカード 無料

0.5%

3〜24回 インターネット ⭐️⭐️⭐️

永年年会費無料で後から分割を利用できるクレジットカードは5種類あります。

その中で、一番おすすめなのは楽天カード です。

楽天カード

ポイントの貯まりやすさからかなり使い勝手のいいカードとして人気の楽天カード。

後から分割で分割払いできる回数が多く、24回までのクレジットカードが多い中36回までできます。

変更の方法も楽天eナビから簡単に変更することができます!

年会費

還元率

ポイント交換

無料

1.0%

楽天スーパーポイント・楽天Edy・各種ポイント

一般的なクレジットカードは、0.5%の還元率と言われていますが、楽天カードは1.0%。

これで年会費無料なので、かなりポイントがたまりやすいカードと言えます。

しかも、楽天市場で買い物をすると常にポイント3倍以上になるので、かなりポイントが貯まります。

さらに、楽天独自のポイントアッププログラムでザクザク貯めることができます!

ポイントは楽天市場で1ポイント1円で使えるので、色々なものが購入できますよ♪

楽天市場や楽天Edyを使う人は必ず持っておきたいカードです。

楽天カード公式サイト

私もメインカードとしてかなりお世話になっています♪

楽天市場を頻繁に利用するので、ポイントがかなり貯まってお得にお買い物しています^^

楽天カード公式サイト

JCB W

2017年10月に登場したJCB W。

JCB Wも後から分割に対応しています。

年会費

還元率

ポイント交換

無料

1.0%

ギフト券、各種ポイント、景品、キャッシュバック

一般的なクレジットカードの還元率は0.5%と言われていますが、JCB Wの還元率は1.0%なので、ポイントが貯まりやすいカードです。

ただ、デメリットがあり、39歳以下までしか加入できません。

さらに、JCBは日本のブランドなので、海外では使えないお店が多く、日本でも対応していない店舗があります。

そちらを除けば、ポイントも貯まりやすく、使い勝手のいいカードです。

JCB W公式サイト

私もJCBカードを作って、サブカードとして使っています。

私は楽天市場や楽天証券を頻繁に利用するので、楽天カードがメインになっていますが、楽天市場を利用しない方ならJCBカードの方がポイントを使いやすいと感じます。

リクルートカード

高い還元率で知られるリクルートカードも後から分割に対応しています。

年会費

還元率

ポイント交換

無料

1.2%

Pontaポイント、じゃらん、ポンパレモール、ホットペッパーグルメ、ホットペッパービューティー

なんと還元率は1.2%!還元率が高くても1.0%というクレジットカードが多い中、かなり還元率が高いです。

デメリットはポイント交換できるものの少なさ。

Pontaポイントに交換したり、じゃらんやホットペッパーグルメなどで使用できますが、これらのサービスをあまり利用しない人はポイント利用しにくいです。

反対にこれらのサービスを頻繁に利用する方は、還元率が高く利用しやすいカードと言えます!

リクルートカード公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です