ディズニーでシングルライダーを有効活用!対象アトラクションや利用手順はこれ!

ディズニーに1人で行ったけど、アトラクションに乗るのが気まずかった。家族で行ったけど、子どもが小さくて絶叫系のアトラクションに乗れなかった。そんな経験はありませんか?

そんな悩みを解決するのが「シングルライダー」。ディズニーの「シングルライダー」を利用すると、そんな悩みが解決できてしまうんです。

「シングルライダー」は聞いたことあるけど、詳しくは知らないという方も多いかもしれません。そんな方のために、「シングルライダー」について詳しくお伝えします。

シングルライダーって?

「シングルライダー」は、アトラクションに出来た1人分の空席に、1人で利用するゲストを優先的に案内するシステムです。

現在シングルライダーを利用できるアトラクションは、ディズニーランドに1つ、ディズニーシーに2つあります。

利用条件は?

利用条件は、シングルライダーという名前の通り「1人で乗る」ということだけです。

こんな方におすすめ!

●1人で来園された方

●家族で来たけど、子どもが小さくてまだ絶叫系に乗れない…。だけどママ・パパは乗りに行きたい!という方

●2人で来たけど、連れは絶叫系が苦手…。だけど私は乗りに行きたい!という方

●グループで行った時寝坊して遅れてきて、1人だけファストパスを取れなかった…。だけど、自分もアトラクションに乗りたい!という方

1人で来園しても、長い間列に並ぶのに抵抗があったり「何名様ですか?」と聞かれた時に1人と答えるのに抵抗があって、ショーを観るだけという方も多いかもしれません。

でも、シングルライダーなら長い時間列に並ぶことなく、「何名様ですか?」と聞かれることなくアトラクションを楽しむことが出来ます。

それに、2人で来ても一緒に来た人が絶叫系のアトラクションが苦手な場合、絶叫系のアトラクションに乗れないことが多いです。

また、家族で行ったら子どもが小さくて絶叫系のアトラクションには乗れないことも多いですよね。

ファストパスを取らないといけなかったり、何時間か並ばないといけない場合は少し行ってくる!というのは難しいですが、シングルライダーなら短い時間で乗ることが出来るので、少し行ってくる!というのも比較的しやすくなると思います。

ちなみに、家族で行って、子どもが小さくてアトラクションに乗れない場合、「交代利用」という方法も使えます!

「交代利用」とは、保護者の方が交代で子どもの面倒を見て、その間に交代でアトラクションに乗るという制度。

利用方法はアトラクションのキャストに伝えるだけです。

対象アトラクション

ディズニーランド

・スプラッシュ・マウンテン

ディズニーシー

・インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮


・レイジングスピリッツ

対象アトラクションは上の3つになります!

もうちょっと増やしてくれるとありがたいのですが、どれも人気アトラクションなので、短い待ち時間で乗れるのは嬉しいです。

ちなみに、タワーオブテラーはシングルライダーを導入していませんが、空席が出来た時、1人だと優先的に案内してくれることがあります。

ただ、タワーオブテラーの場合は、その時の状況によって変わるので、案内してもらえたらラッキーくらいでいてくださいね。

※シングルライダーは、いつも必ず利用できるわけではなく、並び具合に応じてサービスを中断、休止する場合があります。

そこで、その都度キャストさんに確認してみてくださいね。

シングルライダーの利用手順

①ファストパスエントランスのキャストさんに、シングルライダーを利用したいと伝える

②ファストパス専用ルートを進み、ファストパスを手渡すキャストさんにシングルライダー利用を伝える

③シングルライダー専用ルートを進み、乗車口まで進む

④乗り物に空席が出来ると、キャストさんがシングルライダーを利用するゲストを乗車させる。

上記が手順になります。

手順を覚えていなくても、シングルライダーを利用したいアトラクションのキャストさんに、シングルライダーを利用したいと伝えれば案内してもらえるので伝えてみてくださいね^ ^

私がシングルライダーを利用した時は、他のアトラクションのように長い間1人で並ぶことがなかったので利用しやすかったです。

なにより短い時間でアトラクションに乗ることが出来るのが嬉しいですね!ファストパスがなくても、短い待ち時間でアトラクションが利用できるシングルライダー。

便利なこの方法を使って、ディズニーのアトラクションを気軽に楽しんでみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です