TDLワンスの抽選で当選確率を確実に上げる7つの秘訣!

ディズニーランドで行われる「ワンス・アポン・ア・タイム」。せっかく観るなら、中央鑑賞エリアから見たいですよね!

そこで、「ワンス・アポン・ア・タイム」で、当選確率を確実に上げる方法をご紹介します!

※確実に当たるという方法ではなく、10%の当選確率を1-2%でも上げるという方法です。

どれくらいの確率で当たるの?

年パスでディズニーランドに通いまくっていた私の感想としては、3回に1回くらいのペースで当たっていました。

img_5874

その時、こちらの方法を実践していました。

混雑状況にもよりますが、当選確率は10%程度と言われているので、3回に1回くらい当たれば良い方だと思います。

それでは、当選確率を上げる方法を解説していきます。

2回目公演を狙う

家族連れや、次の日の仕事に備えてなど、早めに帰ってしまう方も多いです。

そのような方は、1回目公演の抽選をします。

そこで、1回目公演より、2回目公演の方が競争率が下がります。

1日2回公演がある日で、時間が許すなら、出来るだけ2回目公演の抽選がおすすめです。

混雑している日を避ける

根本的にはこれです。

平日や天候の悪い日など、混雑していない日の方が競争率が下がり、当たりやすいです。

日曜日の2回目公演を狙う!

穴場なのが日曜日の2回目公演!

平日でも1回しか公演がないと、必然的に競争率は高くなります。

ただ、土日は2回公演することが多く、日曜日は次の日の仕事に備えて早く帰る人が多いです。

そこで、日曜日の2回目公演はかなり当たりやすいと感じます。

雨の日を狙う

中央鑑賞エリアでワンスを鑑賞する場合、傘をさすことができません。

カッパを購入する手間、カッパを着ていてもどうしても濡れてしまうリスクがあるため、抽選しない人が増えるんだと思います。

実際に、雨の日の方が当選確率は確実に上がっていました!

雨の中鑑賞するのは大変ですが、光が雨に反射して、雨の日のワンスは普段より綺麗に見えます。

ディズニーランドでもカッパの購入は出来ますが、少し高いので、当選した場合に備えて家にカッパがあれば持参しておくのがおすすめです。

当たりやすい時間帯を狙う

ワンスは、当選確率は一定ではありません。

公演までに座席数を0にするため、コンピューターがその日の来場者数や天候などから予測し、当選確率を変動させています。

そこで、どうしても当たりやすい時間帯、当たりにくい時間帯が出てくるんです。

確実に何時とは言えませんが、当たりやすい時間帯は明らかに当たりの効果音がたくさん流れていたり、歓声がたくさん上がっていたりします。

反対に、当たりにくい時間帯は、ハズレの音ばかり流れていて、抽選場所は静かです。

そこで、時間に余裕があれば何度か抽選場所に行き、周囲の人が当たっているかどうか見極めてから抽選するのがおすすめです。

私も多くの人が当たっている時に抽選すると、当たりやすかったです。

ただ、そのような時間帯があまりない日もあるので、見極めつつ抽選されることをおすすめします。

当たりやすい時間帯になる目安

・天候が悪化した時

・周囲の交通機関が止まった時

 

当たりにくい時間帯になる目安

・天候が回復した時

大人数なら早めに抽選を!

1人だと当たりやすい、大人数だと当たりにくいなどと言われていますが、大人数でも当選することもありますし、1人でも当たらないこともあります。

そこで、人数はあまり関係ないようです。

ただ、抽選時間ギリギリに行くと残りの座席の数が少なくなっているので、どうしても大人数だと当たりにくくなってしまいます。

そこで、3人以上なら、できるだけ早めに抽選しておいた方が当たりやすくなります。

誕生日シールを付けていると当たりやすい!?

誕生日シールを付けていたら当たりやすい、年パスだと当たりにくいなどという噂がありますが、全く関係ないと思います。

むしろ、誕生日など当たって欲しい時に当たらないんですよね。笑

中央鑑賞エリアで見るワンスは迫力があって、下の方までしっかりと見えるので、感動が増すと思います。

ぜひ、少しでも当選確率を上げて、ワンスを楽しんでくださいね^ ^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です