名古屋に行くならぷらっとこだまのグリーン車がおすすめ!格安で快適な旅を!

名古屋や大阪に行く時、新幹線代が高くついてしまいますよね。

少しでも安くしたい!と思いますが、普通は割引なんて出来ません。

でも、新幹線代を安く抑える方法があるんです!

それは、「ぷらっとこだま」を利用すること。

ぷらっとこだまの購入方法やメリットデメリット、おすすめの利用方法まで詳しくご紹介します。

ぷらっとこだまって?

のぞみやひかりは、停車しない駅が多いので、早い時間で目的地まで行くことが出来ます。

でも、こだまは停車駅が多いので、のぞみやひかりよりも時間がかかってしまいます。ぷらっとこだまは、普通より時間はかかってしまいますが、こだまに乗ることで安く新幹線を利用出来るというもの。東海ツアーズが販売しています。

値段がこんなに違う

東京〜名古屋は、新幹線の料金は、自由席で10,360円。ぷらっとこだまなら、指定席で8,100円。その差額は、なんと2,260円

さらに、ソフトドリンクやビールと交換できるワンドリンク引換券が付いてきます。指定席で必ず座れる上に、ドリンクが無料で飲めます!

購入方法は?

東海ツアーズのホームページや、東海ツアーズの窓口で購入できます。

メリット

値段が安い

何と言ってもこれが1番ですね。普通よりも安く新幹線を利用することが出来ます。

指定席なので、必ず座れる

これも大きなメリットだと思います。安く抑えるために自由席を利用すると、連休などは座れないことも…。でも、ぷらっとこだまは指定席なので必ず座れます!

ワンドリンク券が貰える

駅構内の「キオスク」でドリンクを買えるワンドリンク引換券が付いてきます。この券は、ソフトドリンクはもちろん、ビールやチューハイだって交換できます。ビール片手にゆっくりと新幹線の旅を楽しむことが出来ます。

デメリット

時間がかかる

やっぱりこれが1番のデメリット。東京〜名古屋は、ひかりやのぞみなら1時間40分程ですが、こだまなら2時間40分程。プラスで1時間かかってしまうので、時間に余裕がないと利用出来ません。

事前に購入が必要

事前に購入が必要です。これが意外とめんどくさかったりします。東海ツアーズの窓口で購入する場合は、前日までにネットで購入する必要があります。また、自宅に郵送してもらう場合は、5日前までに購入する必要があります。

時間が指定されてしまう

新幹線は、好きな時間に乗れるのが楽だったりしますが、時間が指定されてしまいます。遅れてしまったらアウトだし、少し早い時間の新幹線に乗りたいと思っても乗ることが出来ません。この点では、一般の指定席と同じですね。

切符を忘れてはダメ!

これは当たり前ですが…。私は1回やらかしました。笑 本当に焦りましたが、私はこのような対応を取ってもらえました。

東海ツアーズの窓口で切符を忘れたことを伝える

ぷらっとこだまの切符を再購入し、再購入した証明書を貰う

改札を出る時に、切符にスタンプを押してもらう

後日郵送で忘れてしまった切符と再購入した切符、銀行の振込先を書いた紙を送る

切符代を返却してもらう

という対応を取って貰えました。私は、乗車までに時間があったので、このような対応を取ってもらえましたが、時間がないとアウトかもしれません。

また、このような対応を取ってもらえても、再度購入したり、郵送で送ったりと中々面倒なことになります…。切符は忘れずに持って行きましょう!

ぷらっとこだまを利用するならグリーン車がおすすめ!

実は、私は初めてグリーン車に乗りました。

今回は、予約の段階で普通席が空いていなかったので、仕方なく。笑 でも、利用してみて、その快適さに驚きました!普通席は5席のところを、4席にしてあるので、座席が広い!そして、肘掛けも広いので、2人とも腕を置ける!そして、足置きも伸ばせる仕様になっているので、足が短い私でも足置きに足を置いて、足を伸ばせる。前の座席までの間隔が広いので、もちろん足が長い人も足を伸ばせると思います。

長時間座っていても、全然苦になりせんでした。むしろ、ゆっくりとくつろぐことが出来ました。更に、忘れてはいけないのがぷらっとこだまのワンドリンク引換券。ビール片手にゆっくりと新幹線の旅を楽しむことが出来ました。

ちなみに、ぷらっとこだまでグリーン車を利用した場合、東京駅〜名古屋駅間はプラス1,000円の9,100円で利用することが出来ます。通常はグリーン車を利用する場合、14,470円なので、かなりお得です。通常の新幹線の自由席と比べても、東京駅〜名古屋駅間は10,360円なので、通常の新幹線を利用するより安く、更にワンドリンク無料で飲めちゃいます!これは利用しない手はないですね。

ただ、プラスで時間がかかってしまったり、時間が指定されていたり、事前に購入が必要だったりと色々と面倒なのも事実。用途によって使い分けて、 快適な新幹線の旅を楽しんでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です